2013年07月28日

1.誕生

千里ニュータウンとは

1.誕生





住みやすいまちを求めて

日本では第二次世界大戦で多くの家屋が失われ、戦前は海外の植民地に出ていた人口も日本国内に戻ってきました。それに加え、1955年頃に始まった急激な経済成長・工業化とともに、大量の人口が職を求めて都市へ集中するようになりました。人々は「狭い家に」「大勢の家族が」一緒に住まざるを得ず、プライバシーもなく、大変困っていました。無秩序な「郊外への膨張」(スプロール化)は、都市計画の面からも放置できませんでした。

そこで大阪府では、100万戸を超える住宅を建設する方針を決定。その重点施策として、安くて良質の住宅と宅地を大量に供給し、良好な居住環境を整備するため、「千里ニュータウン」の建設が大阪府北部の千里丘陵で計画されました。それは日本で初めての大規模なニュータウン構想でした。

日本初の大規模ニュータウン構想

この建設構想は、1956年頃より検討が始められ、1958年に事業化が決定。マスタープランも当初は2,500haからスタートし、大阪府の財政をにらんで1960年の最終案では1,160haに決定。1961年に着工、1962年、佐竹台に最初の住民が入居しました。ニュータウン開発のための新しい法律も整備されました。

所在地
大阪府 吹田市・豊中市
事業主体
大阪府企業局
開発面積
1,160ha
計画人口
15万人
住宅建設計画
37,330戸
地区・住区
吹田市域2地区8住区、豊中市域1地区4住区
市域別規模
吹田市域791ha 約10万人、豊中市域369ha 約5万人

写真提供:大阪府

→2.計画へつづく



同じカテゴリー(千里ニュータウンとは)の記事画像
2.計画
3.変化
4.再生
年表
MAP
ギャラリー
同じカテゴリー(千里ニュータウンとは)の記事
 2.計画 (2013-07-28 16:57)
 3.変化 (2013-07-28 16:56)
 4.再生 (2013-07-28 16:50)
 年表 (2013-07-28 16:48)
 MAP (2013-07-28 16:45)
 ギャラリー (2013-07-28 16:12)

Posted by 千里ニュータウンまちびらき50年 at 16:58 │千里ニュータウンとは